『湯の里ひじおり』2010年02月02日 19時29分

ひさびさに映画を観てきました。
新庄のおとなり大蔵村、その奥の奥、四方を深い山に囲まれた場所に肘折温泉はあります。
開湯1200年の歴史を持ち、古くから湯治場として栄えてきたこの集落も、少子化による小中学校統合のため、134年の歴史を持つ肘折小中学校が閉校することになりました。
肘折の学校のある最後の一年間を追ったドキュメンタリー映画が『湯の里ひじおり -学校のある最後の1年』です。

冒頭の、学校の体育館で行われた閉校式典の場面からもう目頭がウルウルしてしまいました。子供から大人、若者から年寄りまで、みんなで最後の日をむかえています。
映画は時間をさかのぼって、春から、夏、秋と季節を追って湯治場の日常を描き出していきます。
湯治客を迎える宿の人々と、毎年1週間、2週間と長期滞在していく湯治客との結びつき。
商店、飲食店を営む人たちの毎日。古くから連綿と続く行事、信仰、慣習。
そして、地元での最後の学校生活を送る子どもたち。
どこを見ても目頭が熱くなってきます。

湯治場という我々の日常とは異質な世界。
それに対する憧れと、そこにも押し寄せる冷たい現実。
彼らの心情が季節ごとの日常風景と共に描かれ、やがて最後にまた閉校式の場面にたどり着きます。
村社会の中心にあった学校が無くなるとは何を意味するのでしょうか。
村人は自らに問いかけながら未来を選択します。
将来の肘折をになう若者達の姿が、悲しい、寂しい出来事の中に、明るい希望を感じさせます。

我が母校、昭和小学校も数年後には学校統合で無くなる見込み。
閉校式とか・・・考えると目頭が・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック