消防団、今年の山場。2010年02月22日 21時33分

昨日は地元・昭和消防団の総会でした。
年々新しく入る人が少なくなって、どの地区も消防団の活動が昔のようには行かなくなってきているんだけれども、組織運営がなかなかその現状に追いついていないのが現状。
少ない人数で地域の災害にどう向き合っていくのかってのを、現実的に考えて行かなきゃあならない時機に来ているんですね。
何が大切かを考えたら、少々のつじつま合わせには目をつぶってもらわないとね。

午前中から始まった総会はお昼には終わって宴会に突入。
例年通りのドランク・マラソンで夜が更けたのでした。

コメント

_ 豊田年男 ― 2010年02月23日 03時58分

消防団も高齢化が進み大変ですね。
地域への奉仕活動と情報交換の場としては、最高の団体ですから
これからも頑張ってください。

ところで、そちらの消防団員で平均年齢は何歳くらいですか。

徳島の芋苗生産農家

_ よーすけどん ― 2010年02月23日 20時06分

家の地区はまだ専業農家が多く、20代の人たちもいるので、平均は30代前半でしょうか。
ただ、町場の消防団となると50代の人もザラだったりしますし、家の地区もこれからどんどん平均年齢が上がっていくか、団員数が減っていく見込みです。
少ない人数で、あるいは高齢者で(悲しいなあ)動ける組織作りが必要ですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック