タネは今!そして未来は・・・2015年03月01日 21時24分


新庄エコロジーガーデン

エコロジーガーデンを会場に冬の間月一で開催される『kitokito大学』に参加してきました。
月一といっても参加は今回が初めて。
なぜ参加したかというと、今回の講師は在来種、固定種の種の販売をしている種屋さん『野口のタネ』でおなじみの野口種苗研究所の野口勲さんだからです。
もちろん家も種を買わせてもらったことがあります。

野菜のタネは主にネットショップから買っているんだけれども、大手の種苗会社ではほとんど交配種、F1の種で、固定種のタネの販売をしているところが少ないのです。

授業の内容は固定種の現状から、F1種の交配の仕組み、変遷。伝統野菜のF1化、雄性不稔、母系遺伝、戻し交配、果てはミトコンドリア異常、ミツバチのCCDの話まで、ノンストップの3時間強。
とっても密度の濃いお話でした。

野口のタネ 野口勲さん

最近の品種交配技術はほとんどが雄性不稔という遺伝子異常の種を元にして交配が行われているとのこと。

雄性不稔とはつまりは花粉をつけることが出来ない突然変異の種。
タネを結ぶことが出来ない自殺遺伝子とか、遺伝子組み換えで無理矢理作り出したもの、なんて思い込んでいたのですが、現在の品種交配は自然界で発生した雄性不稔の種を使って交配されていて、そうして作られたすべてのF1種が雄性不稔という生き物としての欠陥をもった遺伝子を内在しているという、何とも異常な事態になってしまっているとのこと。
スーパーで買う野菜も、外食の野菜も、種屋さんから買うタネも、今やほとんどがそれでしょう。とてもとても避けることなど不可能です。

遺伝子組み換えなどは突出した技術で、一般の品種交配なんてのはもっと素朴なものだと思っていました。
まさかこんな事になっていたとは。
生殖機能に欠陥をもった植物ばかり食べ続けていると、果たして何か影響は・・・?
もし出るとしたら、食べて病気になるとかいったレベルじゃなく、人類全般にまんべんなく出てくるのかも。種の存続に係わるような形で。ゾー

タネの話

雄性不稔が母系遺伝する

F1種は雄性不稔ばかり

・・・ばかり食べていたら・・・にならないか

あっという間に過ぎゆく3月2015年03月23日 16時25分

おおおお、なんだかんだで3月も後半、春作業が始まります。
けっこうあれやこれやといろいろな行事があったりして、意外と忙しかった3月です。
農業関係だと、特別栽培認証の書類の作成とか、地元最上地域の有機稲作の情報交換会とか。
ほかには地元小学校の閉校式の裏方仕事。持ち回りの区長・部落長職の雑事だとか。
ほかにもホームページを手直ししたり、今年の作付けの種子選択、資材注文、栽培計画等々、手作り醤油の仕込み、もちろん除雪も。うわ、やっぱりけっこう忙しかったのですな。

雪を溶かす!

今年も醤油を仕込むのだ!

去年仕込んだ醤油、もう一年寝かせるのだ。

母校の閉校式、寂しくなるね

ちょっとした息抜きは毎年3月に山形市に住むオクサンの友人の家に遊びに行くこと。
といっても私はオクサンとムスメ二人を送っていって、のんびり温泉に浸かることなのですが。
今年もまた行ってきました。山形市郊外の田んぼの真ん中に湧く『百目鬼温泉』。
成分濃厚なお湯は「続けて3分以上入らないで下さい」と但し書きがあるほど。
でも、一年ぶりに入ってみると・・・ちょっとお湯が薄くなったのでは?って感じたのですが、どうでしょう。
それでもまあ、いいお湯には違いありません。
天気も良く、冷たい3月の風が吹き抜ける露天風呂の心地よいこと。
とくに花粉症が治ってしまってからは、その心地よさは数倍になりました。
向こうはいいなあ、雪が少なくて。

今年も百目鬼温泉。

新庄の雪も冬の後半には息切れしたのか、それほど積もらなくはなりました。家の前などはだいぶ地面が見えてきました。
ただかなり吹雪いた日が多く、ちょうど育苗ハウスのあたりが吹き溜まりになるところで、まだだいぶ積もっています。
なわけで、春作業の準備と平行して、消雪作業も毎日の仕事です。
そろそろ種籾の準備を。


願い事はかなったのか?2015年03月25日 21時12分

先日上のムスメが「ねがいごとをかいて」といって紙切れを差し出しました。
「かぜをひかないように」と書いて返したのだけれども、七夕には早いし、どこに吊すのだろうと思っていたら、部屋の扉に何枚もの願い事がセロテープで貼り付けてありました。
効き目があるのかなあなんて思っていたら、一昨日の夜からなんだかのどが痛くなってきて、風邪でダウン。熱もないし、咳も出ないけれども、とにかくのどが痛いし、体がだるい。

ねがいごとはぁ・・・・

とにかく昨日は朝から一日布団をかぶって、今日なんとか復活しました。
これから春の農作業が始まって、毎日スケジュールぎっしりなのです。
一日のダウンが後々の農作業の遅れに繋がってくるので、この時期の体調不良は焦ります。
さっそく農作業再開。
今日は種籾の芒取りをしました。
種の先っちょの尖りを取る作業ですな。
昨日から真冬に戻ったような天気で、風邪がぶり返しそうな寒さの中、なんとか作業を終えました。
今年のお米作りも、前途多難・・・でしょうか。

種籾の芒取り