温泉に 浸る休暇を 待ち焦がれ2020年05月28日 19時20分

寂しい日々が淡々と流れ、もはや田植えも後半です。

雪が無い冬で、春先の水不足が心配されましたが、田んぼの井戸は例年通りの水量でホッと胸をなで下ろしました。
まあ、地下水は数年掛けて流れるらしいので、すぐには不足しないのでしょうが、これから夏に向けてのダムの水が心配です。

代かき~田植え作業は特にトラブルも無く、順調に進んでいます。
いつもの年なら、田植え時期ど真ん中に、小学校の運動会が食い込んでくるのですが、今年はコロナ騒動で、運動会延期。その他のイベントも無し。
なので、作業が中断することもなく、例年以上に順調です。
それでも、年々体にガタがきて、今年は春先から膝が痛くて。
いつもなら田植えが終わると、溜まった疲れを癒やしに温泉へと繰り出すのですが、コロナの収束していない今年はどうかなあ。
人が集まる日帰り施設は無理かなあ、山奥の湯治宿だったら大丈夫かも。
妄想はふくらむばかり。
とにかく、まずは一休みしたい。一日ぐーたらしたい。
あとちょっとガンバロウ。

小学校も半日授業ではあるものの、やっと毎日登校になって、下のムスメもすっかり小学生です。
少しずつ、日常が戻ってきている感じがします。

苗

田植え快晴!

麦わら親子

ヒエも植えてみた

畔に咲く菜の花

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック