ゆく夏に インドカレーと 美術館2017年08月25日 20時39分

8月も終わりですねえ。
ほんとに今年の8月は秋みたいな天気が続きました。
お盆も夏祭りも、雨の心配ばかりしていました。

小学校の夏休みは20日で終わり。その後24~26日は地元の新庄まつりでまた連休。
やっぱり豪雨が来たりして、天気に悩まされました。
24日の宵祭り、雨がやんだので、みんなでお祭りを観に行きました。
まあ、子供らの目当ては出店の屋台ですが、それでも時折行き過ぎる山車や祭り囃子にもちょっとは興味を持ったみたいです。
今年もまた飴細工を作ってもらい、ここ数年急激に増えてきた、ドネルケバブと大阪名物どて焼きを買って帰ってきました。
いったい何処の祭だって感じですが。
この祭が終わると、いよいよ本物の秋が来るって感じです。

翌日、オクサンがちょっと観てみたいといっていた、山形美術館での現代アート展を子供らを連れて観に行きました。
よし!まずは天童のインド料理屋『スルターン』でカレーだ!
一年以上行ってないや。
日替わりランチなんてメニューが出来ていて、この日はジャガイモとチキンのカレーでした。
オクサンとムスメ②はカレーの気分じゃ無かったらしく、私とムスメ①が2人の分もむさぼり食いました。
カレーってなんか幸せな気分になります。スパイスのせいでしょうか?
そして必ず食べ過ぎます。
ムスメたちはインド人店長と写真を撮ってもらいご満悦。

山形美術館での草間彌生を始めとする現代アートの高橋コレクション展。
7歳と4歳のムスメ達には楽しめないかな?と思っていたら、意外や意外、一目見るや、驚嘆の声を発し、ガッツリ食いつきました。
モネやルノワールには見向きもせず、色鮮やかな現代アートに釘付けでした。

帰途、天童市の道の駅で一休み。ムスメたちは隣にある公園の噴水で全身びっしょり、しっかりと今年の夏を締めくくったようです。

新庄まつり

飴細工に釘付け

スルターンでインドカレーを

現代アートに驚喜

全身で夏を

夏休み 遊び半分 味噌造り2017年08月15日 21時11分

なんか、8月に入った途端に過ごしやすくなりました。
もちろん日中はダラダラと汗が流れ落ちる天気ですが、それでも7月中のめまいがするほどの暑さじゃ無くなりました。
っていうか、ちょっと涼しすぎな感じもします。
稲の実入りは大丈夫かなあと、ちょっと心配にもなります。

8月っていうのはお墓参りがあったり、地域のお祭りがあったり、何かと忙しいのですが、時間を見つけて恒例の味噌の仕込みをしました。
今までは一回20kgくらいを冬と夏一樽ずつ仕込んでいたのですが、子供らが大きくなっていっぱい食べるようになったせいか、それではちょっと足りなくなり、今年の冬は二樽仕込みました。
でもって、この夏も大豆の量を少々増やして、ほんのちょっと多めに仕込みました。
原料の大豆と糀を仕込むお米は家で穫れた無農薬のもの。農家の特権ですね。
塩は天日塩。麹菌はネットで注文。
5分づきくらいのお米で麹を仕込んでから、大豆を煮てつぶし、塩、麹、大豆を練って樽に仕込みます。
木樽に仕込みたいところですが、さすがにそこまで予算が廻りません。
夏休み中のムスメたちのお手伝いがなかなか・・・ありがたいというか何というか、倍時間がかかって、倍散らかりますが、まあ、楽しいです。

お盆になったら、本格的に涼しくなってきました。
今年の秋はかなり早く訪れるようです。

麹づくり

大豆を煮る

大豆を練る

練って、練って、練って

雑草と 戦う日々も また楽し2017年06月25日 21時33分

なんだかいつもより寒い6月です。
豆・雑穀の播種も無事終わり、田んぼの除草も2回しました。
そろそろ畑の野菜の収穫も始まっています。
合間を縫って畔の草刈りもしています。
なんだかんだで忙しい毎日です。
まあ、忙しいながらも5月のような切迫感はなく、なんとなく気持ち的にはのんびりやっています。

先日はムスメらを連れて温泉へ。
車で30分ほどの秋田県『湯ノ沢温泉』。
40℃弱の源泉がジャブジャブ掛け流されている山間の一軒宿。
お湯、雰囲気とも最高です。
最初は入るのを怖がってた下のムスメも、一度入ってしまうと出たくないと泣き出す始末。

今日は急遽思い立って、山辺町で行われていた『東村山 AGASUKE マルシェ』での銀杏BOYZ・峯田和伸君の弾き語りライブを観に。なんと無料!
一時間程度、アコギ一本でのミニライブでしたが、体の奥から言葉を絞り出すような歌声に心が震えました。
ムスメらが遊具で遊ぶのに夢中で、全部見られなかったのが心残り。

豆・雑穀畑は芽が出始めたと同時に雑草まんべんなく芽を出し始めています。
今月中に田んぼの除草をもう一回。そして畑の雑草との戦いが本格化します。7月もまた忙しいぞ!

大豆の種まき

畔の草刈り

湯ノ沢温泉へ

峯田君と?

なぜこんなにも憂鬱な日が続くのか2017年04月18日 18時13分

前歯が差し歯なのです。
小学校の時に欠けて、差し歯にしたのです。
それからかれこれ40年。ここ数年、一年置きぐらいに取れてくるようになりました。
作り物なのに、無くなるとなんであんなに憂鬱になるんでしょうか。

今年の初めにまた取れて、歯医者で着けてもらったら、2週間ぐらいしてまた取れてしまいました。
こりゃイカンと、またくっつけてもらったら、「またすぐ取れるよ」と、その医者。
案の定、というか、すぐ2,3日で取れてしまいました。

どうしたものかと、ほかの歯医者に行って診てもらったら、土台が割れているんで、何回着けても取れてくるとのこと。

そういえば思い当たることが。
数年前、機械の修理中に部品がはじけて前歯に当たり、ちょこっと欠けるということがありました。
そのときはどうってこと無いと思っていたのだけれど、もしかしたらアレが原因だったのか・・・・?

「抜きましょう。土台」
歯を抜くなんて何十年ぶりか。
しかも前歯。
差し歯が取れただけであれだけテンション下がるのに。
根っこまで抜いてしまったら、どれだけ落ち込むのか・・・・。

で、抜きましたよ。
仮歯状態です。前歯で物を噛めません。
ものを食べるのに躊躇します。
何をするにも躊躇します。
なんか、弱気になります。
自分がものすごくちっぽけな存在に感じます。
なんか、ダメ人間に思えてきます。

いや、ただ前歯が無いだけなんだ。ただそれだけなんだ。と自分に言い聞かせ。
低いテンションで、毎日の作業をこなしていく日々です。

冬を越したラッキョウ

プランターのハーブも葉っぱを伸ばす。

そら豆は花をつける。

いっぱいいっぱい2017年03月16日 20時46分

雑穀の調製が早く終わった~って、のんびりしていたら3月も半分過ぎてしまいました。
ヤバイ、一つ一つやらなければならないことを数えていくと、3月のカレンダーが予定でビッシリ埋まってしまいました。
とはいえ、今年の醤油の仕込みも終えたし、種籾の芒取り作業も終えたし、とりあえず育苗ハウス周りの除雪もはじめたし、まあ順調な滑り出し。
今月中に味噌をもう一樽仕込んで、冬の間作業場にしていた育苗ハウスの中を片付けて、野菜の種まき、稲の種籾の塩水選。
おっと、ムスメ①の卒園式、そろそろ無くなりそうな汲み置きの温泉も汲みに行かなきゃ。
まだやることあるか?
忙しくなる前になんとか天童のインドカレー屋に行きたいのだが無理かなあ?

醤油仕込みました。

育苗ハウスの骨組みを掘り出す。

種籾の芒取り

家具を選ぼう~温泉のついでに2017年02月19日 19時53分

この春から上のムスメが小学生ってことで、以前弟が使っていて今はほぼ物置状態の部屋をムスメの勉強部屋に模様替えしようと奮闘中です。
サイズが合わなくなった衣類の山、使わなくなったオーディオやパソコンの配線や部品の数々、読み終えた雑誌の束、もはや用をなさないVHSビデオテープ達。
途方に暮れるほどの不要品の山を毎日少しずつ片付けて、ようやく「物置」から「部屋」になってきました。
次は子供の部屋らしい家具類を運び入れる段階です。
勉強机は親戚からもらったけっこう上等な物があって、これもようやく「整理棚」から「勉強机」に復帰できます。
オクサンが言うにはランドセルラックってものがいるらしい。
はて、私が子供の頃はそんなものの存在さえ知らなかったが・・・・。
ムスメが小さいときに買ったプラスチック製のチェストとかはもはやパリパリになってきているので、これも新調することに。
チラシやカタログ、ネットやらを見てもいまいちどんなのがいいのかピンと来ないので、庄内にある大きな家具センターに偵察に行くことに。


というか・・・・温泉のついでというか・・・・。
庄内町に出来た『庄内町ギャラリー温泉 町湯』に入ってみたくって。
温泉パスポートで割引があるので。

余目の国道47号線沿いにあります。お洒落な造りです。
小さな町のAコープの隣に建っているのが不思議な感じです。
屋内も統一されたデザインでおしゃれな感じ。
脱衣場の一面がガラス張りで、これまたおしゃれな感じの露天風呂が眺められます。
天井の高い浴室。清潔感漂う洗い場、シャワーのお湯は温泉で、うっすら褐色のお湯に黒い湯の花が見えます。
内湯の浴槽は真四角でけっこう広く、琥珀色のお湯。
温泉投入口は布袋で湯の花を除去しています。
温度はぬるめ、心地よい温度です。ヌルッとした感触、鉱物系の臭いがします。
脱衣所の表示によると27℃の源泉を塩素消毒せずに加温して掛け流し、混雑状況によって水道水を加えているそうです。
平日の午前中ってことで入浴客もごくわずか。当然お湯は新鮮です。
これは長湯してしまいそうな温泉です。
コンクリに囲まれた露天風呂は内湯よりも熱め、ヌルッと感も多めで、より新鮮な感じがするお湯です。
ロビーもガラス張りで明るく開放的、今度子供を連れて入りに来ようと思いました。

昼食。
余目で昼食をとることは数年に一度しか無いのですが、よく行くのが『ラーメンとん太』。
ここはチェーン店だとバカに出来ません。麺の茹で具合、もやしのシャキシャキ感。いつもすんごい絶妙なのです。行くたびに唸ります。
でも今日はオクサンのリクエストで余目駅前にある観光施設『クラッセ』内の『やくけっちゃーの』へ。
庄内イタリアン、アルケッチァーノの奥田政行シェフが監修するレストランです。
ハンバーグが美味しかったです。

この『クラッセ』。駅前の米倉庫を改造した施設だそうですが、町湯と同じくおしゃれな感じに仕上がってます。
レストランにパン屋さん。そして地場野菜やお土産品を取りそろえた売店はなかなか気の利いた感じの品揃え。
平日の昼。ほかに観光するところもない町ですから、客もまばら。でも家のオクサンはかなり気に入った様子。

本題からだいぶそれましたが、一路家具屋さんへ。
あれがいい、こっちもいい。いいのは高い。
使い勝手、サイズ、価格をチェックして、結局買わずに帰途へ。
買ったのはオクサンが前からほしがってた大きいサイズのグラタン皿。
家具類はネットや地元のホームセンターで調達することに。

そういえば、買ったグラタン皿は取っ手の部分が引っかかって、家のオーブンには入らないといったオチがつきました。

庄内町ギャラリー温泉 町湯

露天風呂

やくけっちゃーの

いきなり大雪降り続く2017年01月15日 20時39分

いやはや早いものでもう1月も半分過ぎてしまいました。
年末年始は雪も少なく、ずいぶんとのんびり過ごしました。
正月が明けてからも暖かい日が続き、雑穀の脱穀作業に専念できました。
と、ここに来て突然の大寒波&大雪。
くるぶしくらいまでしか積もっていなかった雪が、一日二日で膝上まで積もってしまいました。
あっという間にビニールハウスが潰れそうなくらい積もってビックリ。
一昨日、今シーズン初めてハウス周りの除雪をしました。
昨年はあっちもこっちも壊れて、なかなかまともに動いてくれなかった除雪機ですが、今年は順調に動いてくれて一安心です。
それでも雪はひっきりなしに降り続き、今日再びハウス周りの除雪です。
2年前まで続いた豪雪に比べれば、まだまだ少ない積雪ですが、いきなりズドンと降られると、やっぱり大変ですね。
除雪後、機会のガソリンを買いに町まで出ると、あっちでもこっちでも屋根の雪下ろしをしています。

今シーズンは雪が少ないから、しなくて大丈夫かな?なんて思っていたけれど、やっぱりしないわけにはいかないようです。

こんなのどかな風景が

いきなり大雪降り続く

除雪機出動です。

ハウスが潰れないように

バタバタ年末2016年12月31日 14時29分

根雪になるかと思われた雪も、その後の雨できれいサッパリ融けてしまいました。
12月の後半はなんやかやと忙しくて、除雪作業は無かったのに雑穀の脱穀作業はあんまり進みませんでした。

クリスマスイブは数年ぶりに友人家族とパーティ。コテージに宿泊しました。
『まむろ川温泉 梅里苑』のコテージ。
もちろん温泉にも入りました。今年の締めの温泉ですね。
さすがに幼児が5人もいると、ゆっくりお酒も飲めません。バタバタとせわしない一日でした。
翌朝家に帰ると部屋にサンタさんからプレゼントが。
子供たちは昨夜プレゼントをもらえなかったので、ちょっとガッカリ気味だったため、予想以上に喜んでいました。

25日はオクサンの従弟の出演する演劇、キッズシアターSの舞台『銀河鉄道の夜 クリスマスver』を家族で観劇。
小中学生による一時間ほどの舞台でしたが、なかなかよかったですよ。ちょっとウルッときてしまいました。

そして年も押し迫ってきてから味噌の仕込み。
この冬は二樽仕込むつもりのなで、とりあえず年内に一樽。
いつもは大鍋二つを使って大豆を二回煮るのですが、台所のコンロを占領してしまうし、思い切って寸胴鍋を買ってしまいました。
一応主婦に気を遣ってコンロを占領しないようにと買ったのですが、オクサンに呆れられてしまいました。
これ一つで二回煮たのですが、鍋の大きさ的に、なんとか一回で済ませられそうです。
そうすると、麹と混ぜるためのタライも、もっと大きいのを買わなくちゃならないな。
また呆れられるかな。
保育所が休みに入っているため、ムスメらと共に仕込む羽目に。バタバタの味噌造りでした。

はてさて、すっかり融けてしまった雪ですが、そろそろ年越しといった頃になってまた降り出し、再び一面真っ白になりました。
しかし雨の予報もあるし、雪の少ないお正月なるのではないでしょうか。

今年最後の温泉は

二段ベッドに大はしゃぎ

寸胴買ってしまった。

親子で味噌造り、疲れた・・・

クリスマスの小さな奇跡?2016年12月23日 14時24分

先日オクサンが「トーチャンが好きそうだから」と、レンタルビデオ屋から子供らのDVDと一緒に『サンタが街にやってくる』というDVDを借りてきました。ずいぶんレトロな感じの人形アニメです。
内容はというと、サンタクロースの出生からおもちゃを配るようになった訳など、サンタについてのなぜ?を物語にしたものです。
郵便配達員が世界中からサンタ宛に届く手紙を運んでいるところから始まります。
この郵便配達員がフレッド・アステアそっくり。
しゃべりは吹き替えだけど歌は元の英語。歌い出したら声までそっくり、というか、あれ?アステアだ!
なんとこの郵便配達員の声とナレーションはフレッド・アステアが担当しているのでした。
オクサン、私がアステアファンだということは、なんとなく知っていたけれど、このDVDはアステアが出ているとは知らず借りてきていたのでした。
まさにクリスマスの奇跡。
物語の最後にアステアの歌う『サンタが待ちにやってくる』。感涙物でした。

ちなみにこの作品の姉妹編『ルドルフ 赤鼻のトナカイ』は例の有名なクリスマスソングが生まれた作品で、アメリカでは毎年テレビ放映されるような有名作らしいです。そっちも見てみたいな。

サンタが街にやってくる

語りと歌 フレッド・アステア

そっくり

冬の生活:入り口編2016年12月15日 16時15分

表はすっかり雪景色です。どうやら根雪みたいです。
ヒエ穂、キビ穂の調製作業を終え、黒米・赤米の脱穀作業に入っています。
まだ除雪が必要なほど積もっていないので、仕事はちょっとのんびりです。
子供らを連れてどこか遊びでも行きたいところですが、毎年冬の恒例、ムスメ達が保育所から風邪をもらってきて、一人ずつ順番に風邪を引き、お出かけどころではありませんでした。
最後にジーチャンが引いて、ようやく一回りしました。
あと、今年は風邪もういいです。

忙しけれどもなんとか年内に味噌を一樽仕込む予定です。
毎年夏冬一樽ずつ仕込んでいたのですが、子供らが大きくなっていっぱい食べるせいか?ちょっと足りなくなってきたので、この冬は二樽仕込もうと思っています。

モチキビの脱穀

こちらは赤米

冬らしくなりました。