降り続く 昨日も今日も また明日も2018年02月13日 21時17分

一月前にはまさかこれほど大雪になるとは夢にも思っていませんでした。
だってねえ、1月には雨が降って雪が融けるほどだったのですよ。
1月後半、いきなりドカッと積もったときも、まあ、やっぱりこれくらい降らなきゃあね、なんて、体はキツイながらも笑顔で除雪に励んでいたものですが・・・・。
2月に入り、やっと大雪も終わったかと思ったら、それも束の間、いやはや降り続くことといったら、一晩で膝くらいまで積もる雪が、毎日毎日降り続くといった具合です。
今年はすること無いと思っていた納屋の屋根の雪下ろし。胸のあたりまで積もりました。上半分の雪はふわふわ、下半分はガチガチ。一度も下ろしていなかったのでほんとにガチガチ。もうすぐ軒下の雪が屋根にとどきます。
米保管庫の屋根はもう周りに積もった雪の方が屋根より高くなってしまいました。
籾殻小屋の屋根はトタンが錆びて雪が滑り落ちていかない状態。さらに所々穴が空き足元を確かめながらおそるおそるの雪下ろし。

ビニールを張っていない育苗ハウスの骨組みは雪の重みで曲がってしまうのでスコップで掘り出します。こちらも周りの雪が高く積もって、掘った雪を投げ上げるのがキツイ。

そうこうしているうちに、またまた除雪機トラブル。
除雪分の油圧が動かなくなってしまって、あえなく入院。
復帰にはあと数日かかる模様。
母屋の周りの除雪はジーチャン担当なのだけれども、除雪機無しでは無理。なので仕事を中断して家の周りの除雪に出動。スコップとスノーダンプを手に飽きもせず降り続く雪を、手作業で掘り出し捨てる毎日。

脱穀作業をしているビニールハウスの周りはもう雪を捨てるところがありません。
ああ、あと何日降り続くのだろう。
でも、もう2月も半分過ぎる頃だから、いくら何でももう終わりでしょ。
希望を持って、明日も雪と格闘です。

雪下ろし

掘り起こす

雪がもう・・・

いつか来た 刻の止まった 雪の街2018年01月16日 18時25分

せわしない年末年始が過ぎて、あっという間に1月も後半突入です。
今年の冬はガッツリ吹雪いたりして、けっこう寒い印象がありますが、積雪は多からず、少なからずで、なかなかいい具合の雪の量です。

お正月のせわしなさが過ぎた頃、買い置きしているポン酢『シバポン』が切れたので、オクサンと二人で秋田まで買い出しに行ってきました。
横手市十文字のメーカーが作っています。新庄でも同メーカーの焼肉のタレは売っているのですが、『シバポン』は売っておらず、一番近いのが雄勝の道の駅。
ポン酢といっても柑橘果汁ではなく、柿酢を使っているので、正確にはポン酢ではないのですが、ムスメ②が柚の味がいやだっていうんでちょうどよいのです。

秋田といっても目的地は車で40分くらい。
あっという間に買い物が済み。せっかくだから湯沢辺りまで足を伸ばすか、ってことでぶらぶらと湯沢市へ。
駅の駐車場に車を止めて、湯沢市内をなんとなく散策。
よく通る町並みだけれども、歩くのは初めて。ご多分に漏れずのシャッター通り。それでも古い商店や昔からあるスーパーとか懐かしい感じ。落ち着くなあ、っていうか、新庄と変わらんな。
『オランダ焼き』で有名な店の隣に、入り口がものすごい喫茶店があって・・・なんていうか、きらびやかな昭和の空間を、崩れ落ちるまでそのまま時間だけ早送りしたとでもいうような・・・、営業しているのかどうかも定かでない佇まい。大変興味をそそられたのですが、残念ながら今一歩踏み込む勇気が出ませんでした。

昼食はまたあのディープなラーメン店『トラガス』へ行ってしまいました。
看板なし、カウンター7席のみ。ヘビメタがガンガン掛かる中、店主は黙々とラーメンを作り、お客はただただラーメンをすする。何とも不思議な空間です。

不思議な時間旅行を堪能し、『バザール』でトンブリを買い、帰途についたのでした。

日が照って雪が融けます。

夕焼けも

年の暮れ 聖夜の奇跡 猛吹雪2017年12月29日 18時35分

今年もまた友人家族とコテージに宿泊。クリスマス前の23日。
今年は舟形町の若あゆ温泉に隣接する『あゆっこ村』。
残念なことに温泉は改装中のため、尾花沢市まで足を伸ばして『花笠温泉 ふくの湯』経由でコテージへ。
そして24日はオクサンの従弟の出演する演劇、キッズシアターSの舞台『モモ』を観劇。これも去年同様。
灰色男に扮した従弟にムスメ②は恐怖の表情。

家に帰ってみると、オクサンの友人から荷物が。
明けてみると子どもたちへのプレゼント。な、な、何と!ムスメ①がサンタさんにお願いしていたプレゼントと同じもの!
ヤバイ!かぶったー!まさかの奇跡。
ムスメは狂喜乱舞!
そして案の定、翌朝のサンタさんのプレゼントには薄~いリアクションでした。(泣)

一方ムスメ②がサンタさんにお願いしていたのはドレス!
どうも、サンタさんは衣類系は扱っていないらしく、くれたのはアクセサリー的なおもちゃ。
ムスメ②が包みを開けたときの一言、「ガックリ」。(泣)

お部屋を飾り付け

ケーキは手作り


クリスマスが過ぎたらものすごい猛吹雪。
家の前には背丈ほどの吹き溜まり。
除雪すれども、すれども、次から次へと飛んでくる雪。
そして今日やっと風がやんだので、ビニールハウスの除雪へ向かいました。
風が強かったせいで、積もった量はそれほどでもなかったのだけれど、半分ほど作業した頃、突然除雪機が沈黙。
とうとう来たか!
周囲の雪を掘って、状況を確認。機械の下にちぎれたベルトを発見、これか!
機械屋さんを呼んで雪の降る中修理。ありがとうさん。
作業無事再開。お昼を2時間ほど過ぎた頃に作業終了。
遅い昼食をとって芯まで冷えた体を温めて、ふと、ああ、今年ももう終わりか。

猛吹雪吹き荒れる

作業小屋も雪に埋もれ

もつもつと 天地を染める 冬の華2017年12月17日 18時03分

12月、雪が降ったりやんだり、融けたり積もったり、少しずつ景色が冬になっていきます。
ビニールハウスの中でペット用の雑穀の穂を調製していましたが、今年は収穫量が少なかったので、作業に取りかかったのは遅かったものの、早々に終了しました。
あとは粒で出荷する分を脱穀する作業です。

中旬になって今シーズン初の除雪機によるビニールハウスの除雪。
かなりの濡れ雪で重く、だいぶくたびれている除雪機は今にも壊れそうに唸っています。いたわりながらの慎重な作業です。
機械があと何シーズンもつか不安です。

昨日は自家用味噌の仕込み。
いつもは大豆5kg分を2日に分けて仕込むのだけれども、昨年寸胴鍋を買ったので大豆も麹も増量し、一日で仕込むことに。
あんまり考えずに予定組んで作業を始めたら、寸胴一つでは厳しい量、もう一つ鍋に分けて煮ることに。
麹と混ぜ合わせるタライも、一つでは入りきらず、作業を中断して近くのホームセンターにもう一つ買いに走りました。
子供らのお手伝いは昨年より堂に入ってきて、それほど時間のロスもなく、なんとか暗くなる前に全部仕込み終わりました。

雪に閉ざされる長い冬が始まりました。
今年の冬は何をしようかな。

ビニールハウスの除雪

ビニールハウスの除雪

麹づくり

味噌造り

ゆく夏に インドカレーと 美術館2017年08月25日 20時39分

8月も終わりですねえ。
ほんとに今年の8月は秋みたいな天気が続きました。
お盆も夏祭りも、雨の心配ばかりしていました。

小学校の夏休みは20日で終わり。その後24~26日は地元の新庄まつりでまた連休。
やっぱり豪雨が来たりして、天気に悩まされました。
24日の宵祭り、雨がやんだので、みんなでお祭りを観に行きました。
まあ、子供らの目当ては出店の屋台ですが、それでも時折行き過ぎる山車や祭り囃子にもちょっとは興味を持ったみたいです。
今年もまた飴細工を作ってもらい、ここ数年急激に増えてきた、ドネルケバブと大阪名物どて焼きを買って帰ってきました。
いったい何処の祭だって感じですが。
この祭が終わると、いよいよ本物の秋が来るって感じです。

翌日、オクサンがちょっと観てみたいといっていた、山形美術館での現代アート展を子供らを連れて観に行きました。
よし!まずは天童のインド料理屋『スルターン』でカレーだ!
一年以上行ってないや。
日替わりランチなんてメニューが出来ていて、この日はジャガイモとチキンのカレーでした。
オクサンとムスメ②はカレーの気分じゃ無かったらしく、私とムスメ①が2人の分もむさぼり食いました。
カレーってなんか幸せな気分になります。スパイスのせいでしょうか?
そして必ず食べ過ぎます。
ムスメたちはインド人店長と写真を撮ってもらいご満悦。

山形美術館での草間彌生を始めとする現代アートの高橋コレクション展。
7歳と4歳のムスメ達には楽しめないかな?と思っていたら、意外や意外、一目見るや、驚嘆の声を発し、ガッツリ食いつきました。
モネやルノワールには見向きもせず、色鮮やかな現代アートに釘付けでした。

帰途、天童市の道の駅で一休み。ムスメたちは隣にある公園の噴水で全身びっしょり、しっかりと今年の夏を締めくくったようです。

新庄まつり

飴細工に釘付け

スルターンでインドカレーを

現代アートに驚喜

全身で夏を

夏休み 遊び半分 味噌造り2017年08月15日 21時11分

なんか、8月に入った途端に過ごしやすくなりました。
もちろん日中はダラダラと汗が流れ落ちる天気ですが、それでも7月中のめまいがするほどの暑さじゃ無くなりました。
っていうか、ちょっと涼しすぎな感じもします。
稲の実入りは大丈夫かなあと、ちょっと心配にもなります。

8月っていうのはお墓参りがあったり、地域のお祭りがあったり、何かと忙しいのですが、時間を見つけて恒例の味噌の仕込みをしました。
今までは一回20kgくらいを冬と夏一樽ずつ仕込んでいたのですが、子供らが大きくなっていっぱい食べるようになったせいか、それではちょっと足りなくなり、今年の冬は二樽仕込みました。
でもって、この夏も大豆の量を少々増やして、ほんのちょっと多めに仕込みました。
原料の大豆と糀を仕込むお米は家で穫れた無農薬のもの。農家の特権ですね。
塩は天日塩。麹菌はネットで注文。
5分づきくらいのお米で麹を仕込んでから、大豆を煮てつぶし、塩、麹、大豆を練って樽に仕込みます。
木樽に仕込みたいところですが、さすがにそこまで予算が廻りません。
夏休み中のムスメたちのお手伝いがなかなか・・・ありがたいというか何というか、倍時間がかかって、倍散らかりますが、まあ、楽しいです。

お盆になったら、本格的に涼しくなってきました。
今年の秋はかなり早く訪れるようです。

麹づくり

大豆を煮る

大豆を練る

練って、練って、練って

雑草と 戦う日々も また楽し2017年06月25日 21時33分

なんだかいつもより寒い6月です。
豆・雑穀の播種も無事終わり、田んぼの除草も2回しました。
そろそろ畑の野菜の収穫も始まっています。
合間を縫って畔の草刈りもしています。
なんだかんだで忙しい毎日です。
まあ、忙しいながらも5月のような切迫感はなく、なんとなく気持ち的にはのんびりやっています。

先日はムスメらを連れて温泉へ。
車で30分ほどの秋田県『湯ノ沢温泉』。
40℃弱の源泉がジャブジャブ掛け流されている山間の一軒宿。
お湯、雰囲気とも最高です。
最初は入るのを怖がってた下のムスメも、一度入ってしまうと出たくないと泣き出す始末。

今日は急遽思い立って、山辺町で行われていた『東村山 AGASUKE マルシェ』での銀杏BOYZ・峯田和伸君の弾き語りライブを観に。なんと無料!
一時間程度、アコギ一本でのミニライブでしたが、体の奥から言葉を絞り出すような歌声に心が震えました。
ムスメらが遊具で遊ぶのに夢中で、全部見られなかったのが心残り。

豆・雑穀畑は芽が出始めたと同時に雑草まんべんなく芽を出し始めています。
今月中に田んぼの除草をもう一回。そして畑の雑草との戦いが本格化します。7月もまた忙しいぞ!

大豆の種まき

畔の草刈り

湯ノ沢温泉へ

峯田君と?

なぜこんなにも憂鬱な日が続くのか2017年04月18日 18時13分

前歯が差し歯なのです。
小学校の時に欠けて、差し歯にしたのです。
それからかれこれ40年。ここ数年、一年置きぐらいに取れてくるようになりました。
作り物なのに、無くなるとなんであんなに憂鬱になるんでしょうか。

今年の初めにまた取れて、歯医者で着けてもらったら、2週間ぐらいしてまた取れてしまいました。
こりゃイカンと、またくっつけてもらったら、「またすぐ取れるよ」と、その医者。
案の定、というか、すぐ2,3日で取れてしまいました。

どうしたものかと、ほかの歯医者に行って診てもらったら、土台が割れているんで、何回着けても取れてくるとのこと。

そういえば思い当たることが。
数年前、機械の修理中に部品がはじけて前歯に当たり、ちょこっと欠けるということがありました。
そのときはどうってこと無いと思っていたのだけれど、もしかしたらアレが原因だったのか・・・・?

「抜きましょう。土台」
歯を抜くなんて何十年ぶりか。
しかも前歯。
差し歯が取れただけであれだけテンション下がるのに。
根っこまで抜いてしまったら、どれだけ落ち込むのか・・・・。

で、抜きましたよ。
仮歯状態です。前歯で物を噛めません。
ものを食べるのに躊躇します。
何をするにも躊躇します。
なんか、弱気になります。
自分がものすごくちっぽけな存在に感じます。
なんか、ダメ人間に思えてきます。

いや、ただ前歯が無いだけなんだ。ただそれだけなんだ。と自分に言い聞かせ。
低いテンションで、毎日の作業をこなしていく日々です。

冬を越したラッキョウ

プランターのハーブも葉っぱを伸ばす。

そら豆は花をつける。

いっぱいいっぱい2017年03月16日 20時46分

雑穀の調製が早く終わった~って、のんびりしていたら3月も半分過ぎてしまいました。
ヤバイ、一つ一つやらなければならないことを数えていくと、3月のカレンダーが予定でビッシリ埋まってしまいました。
とはいえ、今年の醤油の仕込みも終えたし、種籾の芒取り作業も終えたし、とりあえず育苗ハウス周りの除雪もはじめたし、まあ順調な滑り出し。
今月中に味噌をもう一樽仕込んで、冬の間作業場にしていた育苗ハウスの中を片付けて、野菜の種まき、稲の種籾の塩水選。
おっと、ムスメ①の卒園式、そろそろ無くなりそうな汲み置きの温泉も汲みに行かなきゃ。
まだやることあるか?
忙しくなる前になんとか天童のインドカレー屋に行きたいのだが無理かなあ?

醤油仕込みました。

育苗ハウスの骨組みを掘り出す。

種籾の芒取り

家具を選ぼう~温泉のついでに2017年02月19日 19時53分

この春から上のムスメが小学生ってことで、以前弟が使っていて今はほぼ物置状態の部屋をムスメの勉強部屋に模様替えしようと奮闘中です。
サイズが合わなくなった衣類の山、使わなくなったオーディオやパソコンの配線や部品の数々、読み終えた雑誌の束、もはや用をなさないVHSビデオテープ達。
途方に暮れるほどの不要品の山を毎日少しずつ片付けて、ようやく「物置」から「部屋」になってきました。
次は子供の部屋らしい家具類を運び入れる段階です。
勉強机は親戚からもらったけっこう上等な物があって、これもようやく「整理棚」から「勉強机」に復帰できます。
オクサンが言うにはランドセルラックってものがいるらしい。
はて、私が子供の頃はそんなものの存在さえ知らなかったが・・・・。
ムスメが小さいときに買ったプラスチック製のチェストとかはもはやパリパリになってきているので、これも新調することに。
チラシやカタログ、ネットやらを見てもいまいちどんなのがいいのかピンと来ないので、庄内にある大きな家具センターに偵察に行くことに。


というか・・・・温泉のついでというか・・・・。
庄内町に出来た『庄内町ギャラリー温泉 町湯』に入ってみたくって。
温泉パスポートで割引があるので。

余目の国道47号線沿いにあります。お洒落な造りです。
小さな町のAコープの隣に建っているのが不思議な感じです。
屋内も統一されたデザインでおしゃれな感じ。
脱衣場の一面がガラス張りで、これまたおしゃれな感じの露天風呂が眺められます。
天井の高い浴室。清潔感漂う洗い場、シャワーのお湯は温泉で、うっすら褐色のお湯に黒い湯の花が見えます。
内湯の浴槽は真四角でけっこう広く、琥珀色のお湯。
温泉投入口は布袋で湯の花を除去しています。
温度はぬるめ、心地よい温度です。ヌルッとした感触、鉱物系の臭いがします。
脱衣所の表示によると27℃の源泉を塩素消毒せずに加温して掛け流し、混雑状況によって水道水を加えているそうです。
平日の午前中ってことで入浴客もごくわずか。当然お湯は新鮮です。
これは長湯してしまいそうな温泉です。
コンクリに囲まれた露天風呂は内湯よりも熱め、ヌルッと感も多めで、より新鮮な感じがするお湯です。
ロビーもガラス張りで明るく開放的、今度子供を連れて入りに来ようと思いました。

昼食。
余目で昼食をとることは数年に一度しか無いのですが、よく行くのが『ラーメンとん太』。
ここはチェーン店だとバカに出来ません。麺の茹で具合、もやしのシャキシャキ感。いつもすんごい絶妙なのです。行くたびに唸ります。
でも今日はオクサンのリクエストで余目駅前にある観光施設『クラッセ』内の『やくけっちゃーの』へ。
庄内イタリアン、アルケッチァーノの奥田政行シェフが監修するレストランです。
ハンバーグが美味しかったです。

この『クラッセ』。駅前の米倉庫を改造した施設だそうですが、町湯と同じくおしゃれな感じに仕上がってます。
レストランにパン屋さん。そして地場野菜やお土産品を取りそろえた売店はなかなか気の利いた感じの品揃え。
平日の昼。ほかに観光するところもない町ですから、客もまばら。でも家のオクサンはかなり気に入った様子。

本題からだいぶそれましたが、一路家具屋さんへ。
あれがいい、こっちもいい。いいのは高い。
使い勝手、サイズ、価格をチェックして、結局買わずに帰途へ。
買ったのはオクサンが前からほしがってた大きいサイズのグラタン皿。
家具類はネットや地元のホームセンターで調達することに。

そういえば、買ったグラタン皿は取っ手の部分が引っかかって、家のオーブンには入らないといったオチがつきました。

庄内町ギャラリー温泉 町湯

露天風呂

やくけっちゃーの