秋風が 仕事やる気を 冷めさせる2017年09月14日 21時20分

夏らしくない夏が終わり、あ~もう秋だなあなんて黄昏れていたら、いつの間にかもう9月も真ん中にさしかかっています。
今年は稲の出穂もずいぶん遅くて、稲刈りもまだまだ先だなんて、のんびりと畔の草刈りをしたり、野菜畑の草むしりをしたりして過ごしていたけれど、そろそろ稲刈りの準備に取りかからなければならない時期になってきました。

しかし、夏は暑くなかったし、穂が出るのも一週間くらい遅かったし、あんまり収穫量は期待できないかなあなんて思うと、なかなか重い腰が上がりません。
それでもちょっとずつ、準備を始めています。
テンションが上がりません。
仕事がはかどりません。
冷たい風が気持ちいいです。
どっか遊びに行きたいです。


風が涼しい

畔草刈り

コシヒカリ

すっかり秋の空

ゆく夏に インドカレーと 美術館2017年08月25日 20時39分

8月も終わりですねえ。
ほんとに今年の8月は秋みたいな天気が続きました。
お盆も夏祭りも、雨の心配ばかりしていました。

小学校の夏休みは20日で終わり。その後24~26日は地元の新庄まつりでまた連休。
やっぱり豪雨が来たりして、天気に悩まされました。
24日の宵祭り、雨がやんだので、みんなでお祭りを観に行きました。
まあ、子供らの目当ては出店の屋台ですが、それでも時折行き過ぎる山車や祭り囃子にもちょっとは興味を持ったみたいです。
今年もまた飴細工を作ってもらい、ここ数年急激に増えてきた、ドネルケバブと大阪名物どて焼きを買って帰ってきました。
いったい何処の祭だって感じですが。
この祭が終わると、いよいよ本物の秋が来るって感じです。

翌日、オクサンがちょっと観てみたいといっていた、山形美術館での現代アート展を子供らを連れて観に行きました。
よし!まずは天童のインド料理屋『スルターン』でカレーだ!
一年以上行ってないや。
日替わりランチなんてメニューが出来ていて、この日はジャガイモとチキンのカレーでした。
オクサンとムスメ②はカレーの気分じゃ無かったらしく、私とムスメ①が2人の分もむさぼり食いました。
カレーってなんか幸せな気分になります。スパイスのせいでしょうか?
そして必ず食べ過ぎます。
ムスメたちはインド人店長と写真を撮ってもらいご満悦。

山形美術館での草間彌生を始めとする現代アートの高橋コレクション展。
7歳と4歳のムスメ達には楽しめないかな?と思っていたら、意外や意外、一目見るや、驚嘆の声を発し、ガッツリ食いつきました。
モネやルノワールには見向きもせず、色鮮やかな現代アートに釘付けでした。

帰途、天童市の道の駅で一休み。ムスメたちは隣にある公園の噴水で全身びっしょり、しっかりと今年の夏を締めくくったようです。

新庄まつり

飴細工に釘付け

スルターンでインドカレーを

現代アートに驚喜

全身で夏を

夏休み 遊び半分 味噌造り2017年08月15日 21時11分

なんか、8月に入った途端に過ごしやすくなりました。
もちろん日中はダラダラと汗が流れ落ちる天気ですが、それでも7月中のめまいがするほどの暑さじゃ無くなりました。
っていうか、ちょっと涼しすぎな感じもします。
稲の実入りは大丈夫かなあと、ちょっと心配にもなります。

8月っていうのはお墓参りがあったり、地域のお祭りがあったり、何かと忙しいのですが、時間を見つけて恒例の味噌の仕込みをしました。
今までは一回20kgくらいを冬と夏一樽ずつ仕込んでいたのですが、子供らが大きくなっていっぱい食べるようになったせいか、それではちょっと足りなくなり、今年の冬は二樽仕込みました。
でもって、この夏も大豆の量を少々増やして、ほんのちょっと多めに仕込みました。
原料の大豆と糀を仕込むお米は家で穫れた無農薬のもの。農家の特権ですね。
塩は天日塩。麹菌はネットで注文。
5分づきくらいのお米で麹を仕込んでから、大豆を煮てつぶし、塩、麹、大豆を練って樽に仕込みます。
木樽に仕込みたいところですが、さすがにそこまで予算が廻りません。
夏休み中のムスメたちのお手伝いがなかなか・・・ありがたいというか何というか、倍時間がかかって、倍散らかりますが、まあ、楽しいです。

お盆になったら、本格的に涼しくなってきました。
今年の秋はかなり早く訪れるようです。

麹づくり

大豆を煮る

大豆を練る

練って、練って、練って

暑いので 流しソーメン 食べに行く2017年08月13日 21時01分

毎年8月8日は秋田県雄勝の花火大会に家族で出掛けているのですが、どうも今年は台風にぶつかりそう。
半分あきらめて、朝から車で出掛けました。
花火は夜だけれども、何年かぶりで六郷の湧水群を観に行こうと思い立ったのです。
というより、流しそうめんを食べに。

前回行ったときは下のムスメが生まれたばかり、上のムスメはやっと箸がうまく扱えるようになったくらいでした。
予定も組まずにぶらっと行ったので2時間待ちでした。
なので、今回は念のために席の予約を入れて出発。
到着したのが11時半くらい。時間も早いし、平日ってこともあったのか、4卓ある流しそうめんの席が2卓埋まっているだけで、すんなり席に着けました。
予約もいらなかったね。

上のムスメは麺に限って大食いなので、一人前は食うだろう。下のムスメはご飯ばっかりで麺はあまり進まないけれども、余りをこっちで食べるとして4人前注文。
まあ、ソーメンだし、いくらでもいけるだろうと軽く考えていたのが誤算で、これがけっこうなボリューム。なかなか減りません。
なんとか食べ終える頃には家族全員腹がはち切れんばかりでした。
食べているうちに順番待ちの列が出来ていました。やっぱり人気ですね。

食後の腹ごなしに町中に点在する湧水群を散策。
特に遊ぶ施設もないのに、子供らは大喜びで走り回ります。
台風の影響か、流れる雲で日は陰るし、涼しげな風が木々を揺らすし、なかなか心地よいひとときでした。

ここを訪れたのは4回目。
初めて来たのは北海道にツーリングに行った帰り、案内看板に誘われて何気なく立ち寄ったのでした。
こぢんまりとした静かな観光地ですが、なんだか気に入って機会があれば立ち寄ります。
きっとこの先も数年に一度ずつ立ち寄るのだと思います。

さて、肝心の花火大会ですが、時折小雨のぱらつく曇り空。
打ち上げはあるようですが、この時期、夜の川辺はけっこう寒いのです。子供らが風邪を引いたりしても困るので、観ないで帰ることにしました。
ムスメらはかなり不満げでしたが、まだまだ花火を観る機会なんていくらでもあるさ。


ニテコ名水庵


流しソーメン

六郷の湧水群

六郷の町並み

六郷の湧水群

熱風に 風鈴の鳴る 昼下がり2017年08月06日 20時54分

倒れるほど暑かった7月が過ぎ、8月になりました。
日中の暑さは変わらないけれども、朝晩がめっきり涼しくなりました。
いつのも年なら稲の穂がどんどん伸びている時期なのですが、今年はやっと最後の葉っぱが開いたくらいで、まだ穂が出る気配がありません。
このまま涼しくなってしまうと、ちょっと心配です。
農作業としては畑の作業がメインです。
夏野菜の収穫、秋冬野菜の種まき、そしてなんといっても雑草との格闘。
涼しい早朝に仕事を開始しても、作業を終えて帰ってくる頃には汗にまみれています。
午前中なんとか暑さに耐えて作業しますが、昼食を終えて一休みするともうダメですね。
日が傾いて涼しい風が吹いてこないと、作業に向かう気がしません。
ボサノバとかハワイアンとか聴いて過ごしています。
こうして今年も8月は過ぎていきます。

田んぼにお酢を撒く

ミント風呂なんぞ。

もうすぐ出穂?

ラッキョウを植える。

梅雨空が 恋しい畑の 草むしり2017年07月19日 20時51分

今日も暑いです。昨日も暑いでした。明日も暑いようです。
連日30℃越えの猛暑です。
梅雨・・・・ですよねえ・・・・。

7月になると仕事の中心は田んぼから畑に移ります。
豆・雑穀の培土作業は生育も遅れていたせいもあり、なかなか作業のタイミングがつかめず、だいぶ雑草に埋もれてしまいました。
野菜畑も収穫のスタートが遅れ気味です。
それなのに雑草の方はひと雨降るごとにどんどん増えていきます。
畑の草むしりが一番の大仕事です。

それから冬を越した野菜、ラッキョウ・ニンニクの収穫。
ニンニクは雪に負けないけれども、ラッキョウや玉ねぎは雪解け水でとろけていってしまって、なかなかまともな収穫が得られなかったのですが、今年はほぼとろけること無く収穫することが出来ました。
雪解け水対策の籾殻が効いたのかな?

気がつけばもう7月も後半。過酷な日々が続きます。
田んぼの畔の草刈りも炎天下での作業、体にこたえます。
夏野菜の収穫も本格化します。
読みたい本がたまっているのに、もう夜は眠くて、読書どころじゃありません。
涼しいところでのんびりしたいです。
コンビニとか、スーパーとか天国ですね。

ズッキーニをピクルスに

ラッキョウ収穫

甘酢漬けを8kg

豆畑の培土作業。

レモンキュウリですって。

ブルーベリーも実ってきました。

雑草と 戦う日々も また楽し2017年06月25日 21時33分

なんだかいつもより寒い6月です。
豆・雑穀の播種も無事終わり、田んぼの除草も2回しました。
そろそろ畑の野菜の収穫も始まっています。
合間を縫って畔の草刈りもしています。
なんだかんだで忙しい毎日です。
まあ、忙しいながらも5月のような切迫感はなく、なんとなく気持ち的にはのんびりやっています。

先日はムスメらを連れて温泉へ。
車で30分ほどの秋田県『湯ノ沢温泉』。
40℃弱の源泉がジャブジャブ掛け流されている山間の一軒宿。
お湯、雰囲気とも最高です。
最初は入るのを怖がってた下のムスメも、一度入ってしまうと出たくないと泣き出す始末。

今日は急遽思い立って、山辺町で行われていた『東村山 AGASUKE マルシェ』での銀杏BOYZ・峯田和伸君の弾き語りライブを観に。なんと無料!
一時間程度、アコギ一本でのミニライブでしたが、体の奥から言葉を絞り出すような歌声に心が震えました。
ムスメらが遊具で遊ぶのに夢中で、全部見られなかったのが心残り。

豆・雑穀畑は芽が出始めたと同時に雑草まんべんなく芽を出し始めています。
今月中に田んぼの除草をもう一回。そして畑の雑草との戦いが本格化します。7月もまた忙しいぞ!

大豆の種まき

畔の草刈り

湯ノ沢温泉へ

峯田君と?

6月の 仕事は雨と 共に有り2017年06月08日 21時01分

田植えが終わった途端に天候が悪くなって、なんだか6月は雨。けっこう寒いです。

やきもきしながら天候の回復を待ち、日が差したらすぐに野菜の定植と豆・雑穀畑の耕起をしました。
今年は春先ずっと寒かったせいか、野菜の生育も遅れ気味です。
先に定植したスナップエンドウやズッキーニはやっと小さな実を付けはじめました。
と、ズッキーニをよく眺めてみると、緑のズッキーニを植えたはずの株のいくつかに黄色い実が・・・・あれ?植え間違えた?種を間違えた?自家採種なので、もしかしたら交雑してしまった?

雑穀も早く種まきしてしまいたいのだけれど、畑を耕した段階でタイムアップ。
再び雨に濡れる日々。
そうなると今度は有機田の機械除草。雨でも支障ありません。
先に田植えした圃場はもう10日以上経っているので、田面には雑草の芽がたくさん生えています。
そこを除草機でガンガンかき回していくのはちょっと痛快。
今日は一日冷たい雨。雨に震えながら一日中除草機の上で震えていました。
明日はまた晴れるみたい。雑穀の種まき、出来るといいなあ。

除草機出動準備

野菜定植

レタス・カタローニャもう食べ頃

雨の中、除草作業

せわしない 日常を越え 行く先は2017年06月08日 20時00分

田植えが終わってまずは一安心。
とりあえず温泉に行こうってことで、しばらくぶりに肘折温泉に行ってきました。
確か一昨年も田植えが終わったあとに肘折温泉に行った記憶が。
今回はそれ以来かな?

今回入ったのはいつもの『三浦屋旅館』のお風呂では無く、肘折のちょっと奥にある黄金温泉の『カルデラ温泉館』。
山奥にひっそり建っています。
ほんとに静かです。川の音しかしません。
ナトリウム‐塩化物・炭酸水素塩泉でございます。
温まります。
冷たい炭酸泉もあります。
癒やされました。

温泉の後は『寿屋』で蕎麦をいただいて、雨上がりの温泉街をぶらっと。
『田舎家』の店主が店先で郵便受けの修理をしていたり、何ともまあ、のどかというか。
『カネヤマ商店』の若旦那にサイダーをごちそうになったりして。
まあ、平日でもあるし、観光客はおろか、人っ子一人歩いていません。
にぎやかなのは砂防ダムを流れ落ちる川水の音のみ。
忙しかった毎日とのギャップが大きすぎです。

さて、温泉で一息ついて、いよいよ農作業第2ステージ、と張り切っていたら、なんだか雨が続いて、畑に入ることが出来ません。でもって、けっこう寒い。
部屋のヒーター再稼働しました。
ひと雨ごとに、農作業が後にずれ込みます。

カルデラ温泉館

そば処 寿屋

源泉があふれ出る

カネヤマ商店のこけしワンカップ

やっとこさ 今年も田植え 終えました2017年05月30日 20時16分

春作業の遅れを取り戻すべく、体にむち打ってひたすら働き、なんとか予定のスケジュール通りに田植えを開始することが出来ました。
この時期は日が照れば真夏のように暑くなり、雨が降れば凍えるほど寒くなりと、体調を崩しやすい時期ですが、田植え期間中はそれほど極端な寒暖差が無かったのも幸いでした。

普通の稲作は代かきを全部終えてから、まとめて田植えをするのですが、有機栽培田は除草剤を使わないため、雑草対策として二回目の代かきをした後にすぐ田植えをします。
なので田植え作業一日分ずつ、代かきをして田植えしてを繰り返すので、通常の倍期間が掛かります。
当然休んでいる暇も無いので、疲れがどんどんたまっていきます。
それでも作業のトラブルなどは無く、順調に田植えは進み、なんとか予定のスケジュール通り無事田植えを終えることが出来ました。

今年のラインナップはササニシキ、コシヒカリ、つや姫、さわのはな、黒米、赤米、その他に自家用のモチ米と、観賞用の古代米数種類。
去年と同じラインナップですが、植え付け密度を変えたり、一株の植え付け本数を変えたり、微妙に調整しています。

田植えが終わって一段落ですが、すぐに田んぼの除草作業が始まります。
野菜の定植や、豆・雑穀の種まきも待ってます。
忙しさはずっと継続しますが、何はともあれ田植えを無事終えることが出来たのはめでたい。
まずはビールだ!

田植え頃

田植え快調

田植え完了です。

畦は花盛り