米作り 始めの一歩 温泉と2018年02月04日 20時56分

今年は雪が少ないなあと思っていたら、東京から帰った途端に大雪が続いて、いきなり積もりました。
いきなりだったので、除雪除雪でへとへとです。
2月に入ってやっと雪が落ち着き、いつもの有機栽培認証の講習会に行ってきました。

場所はいつもの南陽市。車で2時間半くらい。
相棒のI井君は風邪で伏せっているらしく、今年も一人での道中となりました。
大雪が続いたせいか、いつもの年なら雪の無い東根や山形あたりも全部雪景色。
日が昇って暖かくなると共に霧が立ちこめ、どこを走っているかわからないほどの視界不良。
苦難を乗り越え、なんとか南陽市に到着。無事講習会に参加。
今年はオリンピックを見据えたGAP認証の話なども盛り込まれ、なんだか個人の農家で認証を受け続けるのが、だんだん難しくなって行きそうな感じがしました。

お昼で講習が終わり、さて今日は何を食べようか。と、前日からあれこれ考えていて、中華か、とんかつか、ラーメンか迷いに迷った結果、蕎麦。
そう、蕎麦だ。最近食ってない。

雪景色の中にぽつんぽつんと民家が点在する山道を進み、南陽市・荻の『源蔵そば』へ。
古い茅葺きの農家をそのままそば屋にした造り。歴史を感じます。
玄関を入ると囲炉裏端でオバーチャンとオバチャンがお出迎え。
座敷に入ると客は私一人。
もりそばを注文。
先に青菜漬けとお茶。
そして大皿に盛られたそば登場。
細打ちでのどごしのよいタイプ。
のどごしよくて、あっという間に平らげてしまいました。
物足りないので半もりを追加注文。
なんとか腹の虫も治まりました。

でまあ、このまま帰ってもよかったのですが、たまたま温泉のタダ券が財布の中に入っていたので、山形市の臥龍温泉保養センターへ。
一年ぶり。そういえば去年も講習会の帰りに寄ったな。タダ券で。

ロビーはレトロな造りだけれども、浴室は新しくてきれい。
市町村でやっている温泉施設に比べれば、だいぶこぢんまりした造りだけれども、昼間っから繁盛しています。
ちょいと塩素臭はきつかったもののとろりとした感触の良いお湯です。
除雪疲れを温泉でゆっくりと癒やし、帰途につきました。
今年の米作りがいよいよ始まったなって感じです。

積もった、積もった

有機認証の講習会

荻の源蔵そば

もりそば、ちょっと物足りない

臥龍温泉保養センター

雪国の 食と雪とを 運ぶ旅2018年01月24日 21時21分

2、3日雨が続いたりして、穏やかな日が続いた新庄。
地元の若手農家が中心となって立ち上げた『明倫堂プロジェクト』のお誘いで、東京上野での『山形こっちゃこいマルシェ』に参加させていただきました。

地元の小さな企画での野菜販売はしたことがあったのですが、本格的なマルシェへの出店は初めてです。
さて、野菜はもう残っていないし、何を持っていこうと思案した結果、小豆・雑穀・ポップコーンと稲穂のドライフラワーを持っていくことに。

場所は昭和初期の古民家が建ち並ぶ「上野桜木あたり」の路地にテーブルを並べての販売。奥の座敷では稲わら細工の体験や、地元東山焼きの絵付け体験など。
路地の向かいは古民家を改装したビアホール。奥には塩とオリーブオイルの店や手作りパン屋さんなど。
ちょっと先には映画で見たことのある『愛玉子』の店があったりして、谷根千の町並みめぐりをしている観光客がひっきりなしに訪れます。

マルシェではやっぱりすぐに食べられるものが人気ですね。特にケーキやクッキーなど甘いのも。
豆や雑穀を勧めると、「わたし料理しないの~」なんて返事もよく聞きます。
さすが都会は・・・・。
観光で訪れる人も多いので、ホームページを訪れてくれる人のように健康や食の安全に関心のある人ばかりでないので、一から基本的なことを説明しなければならず、一般の人に売るという点で、なんかすごく勉強になりました。

マルシェは二日間、寒い中立ちっぱなしで腰にきましたが、大変有意義な時間でした。
月曜日にお昼の新幹線で帰宅。相変わらず穏やかな新庄。夜のニュースを見ると東京は大雪でパニックになっていました。
これがあと一日早かったらマルシェどころではなかったですね。
まさか、私たちが雪を持って行ったわけではないですよねえ・・・。

山形こっちゃこいマルシェ

ワークショップ

古民家立ち並ぶ上野桜木あたり

あたり

愛玉子食べてみたい

もつもつと 天地を染める 冬の華2017年12月17日 18時03分

12月、雪が降ったりやんだり、融けたり積もったり、少しずつ景色が冬になっていきます。
ビニールハウスの中でペット用の雑穀の穂を調製していましたが、今年は収穫量が少なかったので、作業に取りかかったのは遅かったものの、早々に終了しました。
あとは粒で出荷する分を脱穀する作業です。

中旬になって今シーズン初の除雪機によるビニールハウスの除雪。
かなりの濡れ雪で重く、だいぶくたびれている除雪機は今にも壊れそうに唸っています。いたわりながらの慎重な作業です。
機械があと何シーズンもつか不安です。

昨日は自家用味噌の仕込み。
いつもは大豆5kg分を2日に分けて仕込むのだけれども、昨年寸胴鍋を買ったので大豆も麹も増量し、一日で仕込むことに。
あんまり考えずに予定組んで作業を始めたら、寸胴一つでは厳しい量、もう一つ鍋に分けて煮ることに。
麹と混ぜ合わせるタライも、一つでは入りきらず、作業を中断して近くのホームセンターにもう一つ買いに走りました。
子供らのお手伝いは昨年より堂に入ってきて、それほど時間のロスもなく、なんとか暗くなる前に全部仕込み終わりました。

雪に閉ざされる長い冬が始まりました。
今年の冬は何をしようかな。

ビニールハウスの除雪

ビニールハウスの除雪

麹づくり

味噌造り

冬を待ち 静かに白い 雪の畑2017年11月29日 18時18分

大地は一面白に覆われました。
積もる前になんとかダイコンとニンジンの収穫を終わらせ、無事今年の収穫を終えることが出来ました。

一度軽く積もって、それから雨が降って全部融けて、12月にまた降って根雪になるのが冬に向かっていくパターンなのですが、今年は融けきる前にまた雪が積もりました。
週間天気予報を見るとどうやらこのまま融けずに根雪になってしまう予感がします。
融けたら畑を耕すつもりと言っていた知人も、あきらめてトラクターに除雪の機械を取り付けていました。

雪が積もって、外の仕事が終わると、今度はビニールハウスで秋に収穫した豆や雑穀の調製作業に入ります。

最初はペット用のアワとヒエの穂の調製です。
今年はお米同様収穫量は少なめです。スズメの食害も多く、「穂」として出せるものもはさらに少なめです。
毎年栽培をお願いしている今田さんのヒエ・キビもやはりいつもの年より少なめでした。
本格的な冬に入ると脱穀調製作業の他に除雪作業もしなければならず、忙しくなりますが、収穫量が少なくて忙しくないのも寂しいものです。
今年の積雪はどの程度でしょうか。もし雪が少なく、除雪作業も余りしなくていいのならば、余った時間で何か新しいことでも考えましょうかね。

初雪積もった

最後の収穫

アワ穂調製

ヒエ穂調製

寒風に 汗をぬぐって 豆を刈る2017年11月14日 21時09分

苦労した稲刈りが終わって、休む間もなく雑穀や豆の刈り取り。
といっても雨の日は刈り取り作業できないのでなかなか作業は進まず、最後に残った白小豆の刈り取りそして脱穀、昨日やっと終わりました。
あとは、雪が積もる頃まで収穫の続くダイコン、ニンジンが畑に残るばかりで、今年の収穫はほぼ終わりました。

今日は先延ばしにしていたコンバインの清掃。
今年はだいぶ無理を掛けました。
Vベルトはあちこちヒビが入って、金属部分はさびが目立ってきて、だいぶくたびれてきました。
出来ればあと5年くらいがんばってもらいたいが、無理かなあ。

暗く重い曇り空の下、チクチクする稲の埃にまみれながらの清掃作業。終わり間際に雨が降り出したものの、なんとか無事終了。
週間天気予報には雪のマークがチラホラ。
今年もとうとう冬が来ます。
積もる前にしなきゃならない仕事、まだいっぱいあるなあ。

すっかり枯れた景色

豆は手刈り

豆脱穀です。

コンバイン掃除

雨、雨、雨 土にまみれて 稲を刈る2017年10月25日 20時11分

もう10月も残り一週間になってしまいましたね。
今年はほんとに稲刈りに手こずりました。
まんべんなく雨が降るものだから、なかなか稲刈りがはかどらないし、田んぼはドロドロでコンバインにもかなり無理を掛けたし、あぜ道まで柔らかくなって、刈り取った籾を運ぶダンプのタイヤが土に埋まり立ち往生して大騒ぎしたり。
いつもの年より一週間以上遅れて、なんとか稲刈り終わりました。
籾を剥いて玄米に仕上げる籾すり作業も、天候の影響か、未熟なくず米が例年以上に多く手間が掛かりましたが、無事終わりました。
青米は多めですが、食味的には悪くない出来だと思います。

さて、田んぼの仕事が終わって、これから雪が降り始めるまでに、収穫や調整に使った機械の整備収納、雑穀や豆の刈り取り、秋冬野菜の収穫と、やるべき仕事が山ほどあります。
特に収穫作業は雨に濡れると具合が悪いので、晴れることを望むばかりです。

いつもの年だと10月前半に稲刈りを終え、毎週末目白押しのイベントごとに顔を出したりするのですが、今年は無理でしたね。
11月に入ると雨ばっかりで晴れの日は貴重です。
今年は雪が降るまで、遊んでいるヒマ無いかなあ。

稲を刈る

あぜ道トロトロ

籾すり作業

新米出来た!

雨雲の 顔色伺い 稲を刈る2017年10月07日 18時22分

寒いです!10月に入った途端、冬か!って思うほど冷え込んできました。
10月に入って一週間。いつもの年ならもうぼちぼち稲刈りの終わった農家も出てくる時期ですが、今年はまだだいぶ田んぼに稲が残っています。
この寒さじゃあ、登熟も進まないようです。

家も稲刈りが後半戦に入りましたが、雨の日が多いので田んぼは予想以上に土が軟らかくなっていて、刈り取り作業は泥にまみれてかなり難儀しています。

刈り取った籾を剥いて玄米にする籾すり作業、ササニシキは恐ろしいくらい空の籾やくず米が出ます。今年は収穫が少ないだろうとは思っていましたが、予想以上の減収です。
なので、ご予約の受け付けは終了させていただきました。

今日もまた雨。稲刈りはあと三日分。また泥にまみれながらの作業になるかと思うと、気が滅入ります。
稲刈り前に出た腰痛は、やっと落ち着き小康状態です。今度は疲れが出たのか、風邪っぽくてちょっと咽が痛みます。
体調と折り合いを付けながら、なんとか来週中には稲刈りを終えたいと思っています。

雨雲が~

赤米刈り取り。水が溜まってる。

アクネモチ

赤米・黒米自然乾燥

腰痛と 戦いながら 雨を待つ2017年09月26日 20時59分

稲刈りはじめました。夏が涼しかったせいか、やはり今年はどこの家もスタートが遅いですね。

始めは黒米の手刈りからスタート。
稲刈りの一週間くらい前から腰痛が出だして、腰を曲げての作業はなかなかキツイです。
一週間も湯治に行ければ治るんでしょうが、そんなゼイタクが出来るご身分ではありません。せめて日帰りで近場の温泉にでも行ければいいのですが、毎日目が回るほど忙しいので、なかなか時間が取れません。
次に雨が降ったら行こうかと思案中です。

黒米の刈り取りが終わると、今度はコンバインの出動です。
中干しの時期にしっかり水を抜いて、田んぼの土をガッチリ締めたつもりだったのですが、8月の雨のせい?いつも柔らかめの田んぼは今年もドロドロにぬかるんで、コンバインも立ち往生寸前になりながらの悪戦苦闘が続きます。

ササニシキの刈り取りが終わって、さわのはなの刈り取りに入っています。
稲刈りも明日でちょうど半分くらい終わる予定ですが、夕方から雨マークが付いています。もう一日がんばって、温泉へ~。

黒米手刈り

さわのはな

コンバイン出動

柔らかい土に悪戦苦闘

秋風が 仕事やる気を 冷めさせる2017年09月14日 21時20分

夏らしくない夏が終わり、あ~もう秋だなあなんて黄昏れていたら、いつの間にかもう9月も真ん中にさしかかっています。
今年は稲の出穂もずいぶん遅くて、稲刈りもまだまだ先だなんて、のんびりと畔の草刈りをしたり、野菜畑の草むしりをしたりして過ごしていたけれど、そろそろ稲刈りの準備に取りかからなければならない時期になってきました。

しかし、夏は暑くなかったし、穂が出るのも一週間くらい遅かったし、あんまり収穫量は期待できないかなあなんて思うと、なかなか重い腰が上がりません。
それでもちょっとずつ、準備を始めています。
テンションが上がりません。
仕事がはかどりません。
冷たい風が気持ちいいです。
どっか遊びに行きたいです。


風が涼しい

畔草刈り

コシヒカリ

すっかり秋の空

梅雨空が 恋しい畑の 草むしり2017年07月19日 20時51分

今日も暑いです。昨日も暑いでした。明日も暑いようです。
連日30℃越えの猛暑です。
梅雨・・・・ですよねえ・・・・。

7月になると仕事の中心は田んぼから畑に移ります。
豆・雑穀の培土作業は生育も遅れていたせいもあり、なかなか作業のタイミングがつかめず、だいぶ雑草に埋もれてしまいました。
野菜畑も収穫のスタートが遅れ気味です。
それなのに雑草の方はひと雨降るごとにどんどん増えていきます。
畑の草むしりが一番の大仕事です。

それから冬を越した野菜、ラッキョウ・ニンニクの収穫。
ニンニクは雪に負けないけれども、ラッキョウや玉ねぎは雪解け水でとろけていってしまって、なかなかまともな収穫が得られなかったのですが、今年はほぼとろけること無く収穫することが出来ました。
雪解け水対策の籾殻が効いたのかな?

気がつけばもう7月も後半。過酷な日々が続きます。
田んぼの畔の草刈りも炎天下での作業、体にこたえます。
夏野菜の収穫も本格化します。
読みたい本がたまっているのに、もう夜は眠くて、読書どころじゃありません。
涼しいところでのんびりしたいです。
コンビニとか、スーパーとか天国ですね。

ズッキーニをピクルスに

ラッキョウ収穫

甘酢漬けを8kg

豆畑の培土作業。

レモンキュウリですって。

ブルーベリーも実ってきました。