56歳の加藤さんが叫んだ!夢は叶うと!2017年03月05日 15時01分

30年ですよ。
ザ・コレクターズ、デビュー30周年にして初の武道館ですよ。
ずうっと聴き続けた身としては、行かないわけにはいきませんなあ。
ってことで、後先考えず、販売開始後即チケット購入してしまいました。

まあ、3月だし、なんとかなるだろう。
平日だけど、農家には関係ない。子供らもまだ未就学なんで保育所休んでもいいでしょう。
ムスメの卒業旅行も兼ねて?親子4人で泊まりがけでいくことに決定。
翌日は『三鷹の森 ジブリ美術館』に行って子供らのゴキゲンを取る予定で。

楽天ポイントを使って宿を取り、早割で新幹線のチケットを取り、準備万端。
コンサート中、ムスメらはホテルで待機、千葉の叔母に子守を頼む予定、完璧。

・・・・・

ところが2月も後半になって、家庭の事情で叔母の予定が怪しくなってきた。
2日前になんとかいけそう・・・・の連絡。が、当日行きの新幹線の中でキャンセルの電話が。
う~ん、どうしよう。

チケットもったいないけど、ムスメらの世話をオクサンに任せて、自分だけライブに行こうか。それとも下のムスメをオクサンに任せて、上のムスメと2人で行こうか。
やっぱりオクサンも行きたいってことで、ライブを見るかどうかは別にして、とりあえずムスメらも連れて武道館に行くことに。

武道館着、すでに開場、あふれる人の波。
上のムスメは一緒に空手を習っているK君が全国大会で武道館に行ったってことで、興味津々。
下のムスメは訳もわからずオクサンにベッタリ。

ついに開演、結局はムスメら2人を連れて会場入り。未就学児は同行者の座席の範囲以内だったら無料ってことで、一緒に見ることに。
しかし、ムスメらのライブ経験は、地元で開催されたよしもとお笑いライブくらい。
果たしてロックコンサートの轟音に耐えられるか?の心配をよそに、2人ともかなりノリノリで拳を振り上げていました。

サポートを入れない4人のみのパワフルなステージ。武道館だからといって特別な演出は無し、普段通りサラッとやってのけているのがカッコイイ。
MCではチケット完売まであと7枚だったことを披露。騒然となる客席。
でも、ここで完売しないのが、コレクターズらしくて笑える。
30年経っても「ブレイク寸前」な感じがコレクターズらしい。

56歳の加藤さんの声量たるや!2時間半よどみなしのパワフルな歌声、圧倒的なビート感。
「『孫』の大泉逸郎さんより先に売れたい!もう時間が無い!」
「お袋にあと4年で定年なんだから、おとなしくしてろといわれた」
完全に大人なMCになぜかムスメらが大爆笑。
そして加藤さんは詰めかけた大人達に向けて、大挙押し寄せたバンドマン達に向けて叫んだ。
「夢は叶うんだー!」
これは説得力あるなあ。
次の夢は東京ドーム、そして大泉逸郎さんの歳より前に紅白に出ることだそう。

ラストの曲はマーサ&バンデラスのカバー「恋はヒートウェーヴ」。
モッズ御用達のカヴァー曲でサラッと締めるあたりがさすが。

会場を出ると雨、ムスメらを取っ替え引っ替え抱っこしながら踊りまくったので、腰がかなりキツイです。
加藤さんを見習わなければ。

↓↓ライブの内容はこんな感じ

チケットゲット

会場を埋め尽くす花

ホテルに帰ってもノリノリ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック