熱風に 風鈴の鳴る 昼下がり2017年08月06日 20時54分

倒れるほど暑かった7月が過ぎ、8月になりました。
日中の暑さは変わらないけれども、朝晩がめっきり涼しくなりました。
いつのも年なら稲の穂がどんどん伸びている時期なのですが、今年はやっと最後の葉っぱが開いたくらいで、まだ穂が出る気配がありません。
このまま涼しくなってしまうと、ちょっと心配です。
農作業としては畑の作業がメインです。
夏野菜の収穫、秋冬野菜の種まき、そしてなんといっても雑草との格闘。
涼しい早朝に仕事を開始しても、作業を終えて帰ってくる頃には汗にまみれています。
午前中なんとか暑さに耐えて作業しますが、昼食を終えて一休みするともうダメですね。
日が傾いて涼しい風が吹いてこないと、作業に向かう気がしません。
ボサノバとかハワイアンとか聴いて過ごしています。
こうして今年も8月は過ぎていきます。

田んぼにお酢を撒く

ミント風呂なんぞ。

もうすぐ出穂?

ラッキョウを植える。

暑いので 流しソーメン 食べに行く2017年08月13日 21時01分

毎年8月8日は秋田県雄勝の花火大会に家族で出掛けているのですが、どうも今年は台風にぶつかりそう。
半分あきらめて、朝から車で出掛けました。
花火は夜だけれども、何年かぶりで六郷の湧水群を観に行こうと思い立ったのです。
というより、流しそうめんを食べに。

前回行ったときは下のムスメが生まれたばかり、上のムスメはやっと箸がうまく扱えるようになったくらいでした。
予定も組まずにぶらっと行ったので2時間待ちでした。
なので、今回は念のために席の予約を入れて出発。
到着したのが11時半くらい。時間も早いし、平日ってこともあったのか、4卓ある流しそうめんの席が2卓埋まっているだけで、すんなり席に着けました。
予約もいらなかったね。

上のムスメは麺に限って大食いなので、一人前は食うだろう。下のムスメはご飯ばっかりで麺はあまり進まないけれども、余りをこっちで食べるとして4人前注文。
まあ、ソーメンだし、いくらでもいけるだろうと軽く考えていたのが誤算で、これがけっこうなボリューム。なかなか減りません。
なんとか食べ終える頃には家族全員腹がはち切れんばかりでした。
食べているうちに順番待ちの列が出来ていました。やっぱり人気ですね。

食後の腹ごなしに町中に点在する湧水群を散策。
特に遊ぶ施設もないのに、子供らは大喜びで走り回ります。
台風の影響か、流れる雲で日は陰るし、涼しげな風が木々を揺らすし、なかなか心地よいひとときでした。

ここを訪れたのは4回目。
初めて来たのは北海道にツーリングに行った帰り、案内看板に誘われて何気なく立ち寄ったのでした。
こぢんまりとした静かな観光地ですが、なんだか気に入って機会があれば立ち寄ります。
きっとこの先も数年に一度ずつ立ち寄るのだと思います。

さて、肝心の花火大会ですが、時折小雨のぱらつく曇り空。
打ち上げはあるようですが、この時期、夜の川辺はけっこう寒いのです。子供らが風邪を引いたりしても困るので、観ないで帰ることにしました。
ムスメらはかなり不満げでしたが、まだまだ花火を観る機会なんていくらでもあるさ。


ニテコ名水庵


流しソーメン

六郷の湧水群

六郷の町並み

六郷の湧水群

夏休み 遊び半分 味噌造り2017年08月15日 21時11分

なんか、8月に入った途端に過ごしやすくなりました。
もちろん日中はダラダラと汗が流れ落ちる天気ですが、それでも7月中のめまいがするほどの暑さじゃ無くなりました。
っていうか、ちょっと涼しすぎな感じもします。
稲の実入りは大丈夫かなあと、ちょっと心配にもなります。

8月っていうのはお墓参りがあったり、地域のお祭りがあったり、何かと忙しいのですが、時間を見つけて恒例の味噌の仕込みをしました。
今までは一回20kgくらいを冬と夏一樽ずつ仕込んでいたのですが、子供らが大きくなっていっぱい食べるようになったせいか、それではちょっと足りなくなり、今年の冬は二樽仕込みました。
でもって、この夏も大豆の量を少々増やして、ほんのちょっと多めに仕込みました。
原料の大豆と糀を仕込むお米は家で穫れた無農薬のもの。農家の特権ですね。
塩は天日塩。麹菌はネットで注文。
5分づきくらいのお米で麹を仕込んでから、大豆を煮てつぶし、塩、麹、大豆を練って樽に仕込みます。
木樽に仕込みたいところですが、さすがにそこまで予算が廻りません。
夏休み中のムスメたちのお手伝いがなかなか・・・ありがたいというか何というか、倍時間がかかって、倍散らかりますが、まあ、楽しいです。

お盆になったら、本格的に涼しくなってきました。
今年の秋はかなり早く訪れるようです。

麹づくり

大豆を煮る

大豆を練る

練って、練って、練って