ひとりぼっちで・・・・2017年02月08日 20時43分

この時期、毎年有機栽培認証の講習会があります。
一番近い会場は山形県の反対側の南陽市か、宮城県の大崎市の向こう側。どちらも車で2時間以上掛かります。
帰りに温泉に浸かったりして、まあ、一日仕事になります。
以前は最上町のA部さん、そして相棒のI井くんと3人で通っていました。
しかし、A部さんは農家を廃業してしまったし、I井くんは今回栃木の会場へ行ってしまったので、何とも寂しい一人旅になってしまいました。
今回参加したのは山形県南部、置賜地方の南陽市の会場。
置賜地方は日本でもとくに有機栽培が盛んな地域です。
参加者のほとんどが地元置賜の人、若い人もいます。あと庄内地方の人が数人いたかな。わが最上地方は私1人・・・。

有機農業を志して20年。未だ試行錯誤の真っ最中ですが、なんとかかんとかやめずに続けています。
が、地域では有機農業は増えていません。やめていく人はいても新しくはじめる人がいません。
とくに若手、あたらしく有機農業やろうって若い人がいないと、オッサンが1人2人がんばってみても、先がありません。
明るい未来が見えないなあ、なんて講習を受けながら憂鬱になってしまいましたよ。

お昼は会場近くにあったラーメン店で昼食。なにやら人気店のよう。
発券機で食券を買うと「当たり」の札が、おお、いいこともあるよ。
でも、当日利用不可、期限は2週間。
片道2時間以上かけて食べに・・・・来ないな。
ラッキーな気分だけいただきました。ありがとう。
で、肝心のラーメンは平打ち中太手もみ麺、魚ダシのきいた醤油スープ、柔らかメンマに食べ応えのあるチャーシュー、なかなか美味しかったです。

帰りにどっか温泉入っていこう。南陽に来るといつも赤湯温泉に入っているから、今回は別のところへ。
ちょうど床屋でもらった温泉タダ券があったので、山形市の『臥龍温泉保養センター』へ。
いつもこの辺りを通ると、国道13号線沿いから見えるとっても古びたビルに掲げられた温泉マークが気になっているのでした。

国道のすぐ近くだけれども、狭い路地を入っていかねばならず、ナビがないと迷ってしまうところでした。
何とも古びた佇まいで町の銭湯チックな受付ロビーです。浴場は新しめで外観の古ぼけ具合から想像できないきれいさです。
無色透明な熱めのお湯がザブザブかけ流されています。
お湯の感触はヌルッとした感じで、想像以上に心地よいです。町場の浴場となめてました。まさかこんないい温泉とも思ってもみませんでした。

帰途、河北町の『酒屋源八』でいつもの『雅山流』を一本買って、のんびり帰りました。
ぬる燗でいただきながら、有機農業の将来でも考えましょうかね。


認定講習会

麺屋 葵 美味しい!

当たり出た!ラッキー

臥龍温泉保養センター

順調な冬です。2017年01月31日 20時37分

一月も終わりですね。積もった雪も少しずつ融けていっています。
毎年お風呂場のスポンジが凍るほどの冷たい日があるのですが、今年はまだありません。
昨年同様雪もほどほど、わりと暖かな過ごしやすい冬です。

除雪作業の必要が無くて大助かりです。
農作業もはかどります。
最近流行のBluetoothスピーカーなんてのを買って、ダウンロードした音楽を聴いたり、FMを聴いたりしながら楽しく作業しています。
いやはや、二千円ちょっとの、ジュースの缶を半分に切ったくらいのサイズから、あれほどの音が出るとは。
最近の技術の進歩と来たらビックリです。

ここ最近の作業としては、雑穀の脱穀作業を一段落して、予約分のペット用雑穀の発送作業、それから豆類の脱穀、唐箕選、手選別作業です。

白小豆は量は少ないものの、まあまあの出来。
雪が降ってからの収穫となった晩生の大納言小豆はやっぱり出荷できるほどの品質ではありませんでした。
今年はもうちょっと早い品種を植えなければ。
黒小豆は収穫時期がバッチリ適期でいい感じです。
大豆もやや小粒ながらなかなか見た目イイです。

天気がいいと屋内にこもって黙々と作業するのが嫌になってきますが、まだまだ先は長い。地道にガンバロウ。


Bluetoothスピーカー小さい!

小豆を脱穀したが・・・・

大豆の唐箕選

白小豆手選別

1月恒例の2017年01月26日 21時03分

突然の大雪でずいぶん冬らしい景色になりました。
いきなりドカッと降ったので、ちょっと大変でしたが、積もる量としてはまだまだ少ない方なので、気持ち的には余裕です。

以前は結婚記念日に温泉に一泊したりしていたのですが、子供を連れて泊まりに行くのも大変だし、その代わりにごちそうでも食べに行くかってことで、ここ数年1月は秋田に焼肉を食べに行くのが恒例になりました。

年に一度の焼肉なんで和牛なんぞを奮発してガッツリ食らおうかと、いつもは湯沢市の『牛玄亭』にいくのですが、『食べログ』なぞをチェックしてみたら、豚肉中心の食べ放題メニューがメインになっていたので、横手市まで足を伸ばして、同じ系列の『米沢亭』に行ってみました。

同じ系列店だけあって、店の雰囲気も接客も同様に好印象。
ひたすら和牛を食らいました。子供らもそこそこ食らうようになってきて、こりゃ、来年は早くから積み立てしておかないと、厳しいことになりそうです。

食後は毎年恒例、十文字の道の駅にいるビリケンさんにごあいさつ。
ロビーでは今年も素人歌謡ショーが行われていました。
ああ、お正月っぽいなあ。
来年もみんなで来られますように。


雪、まだ少ない

和牛を食らう。

ビリケンさんにごあいさつ。

いきなり大雪降り続く2017年01月15日 20時39分

いやはや早いものでもう1月も半分過ぎてしまいました。
年末年始は雪も少なく、ずいぶんとのんびり過ごしました。
正月が明けてからも暖かい日が続き、雑穀の脱穀作業に専念できました。
と、ここに来て突然の大寒波&大雪。
くるぶしくらいまでしか積もっていなかった雪が、一日二日で膝上まで積もってしまいました。
あっという間にビニールハウスが潰れそうなくらい積もってビックリ。
一昨日、今シーズン初めてハウス周りの除雪をしました。
昨年はあっちもこっちも壊れて、なかなかまともに動いてくれなかった除雪機ですが、今年は順調に動いてくれて一安心です。
それでも雪はひっきりなしに降り続き、今日再びハウス周りの除雪です。
2年前まで続いた豪雪に比べれば、まだまだ少ない積雪ですが、いきなりズドンと降られると、やっぱり大変ですね。
除雪後、機会のガソリンを買いに町まで出ると、あっちでもこっちでも屋根の雪下ろしをしています。

今シーズンは雪が少ないから、しなくて大丈夫かな?なんて思っていたけれど、やっぱりしないわけにはいかないようです。

こんなのどかな風景が

いきなり大雪降り続く

除雪機出動です。

ハウスが潰れないように

バタバタ年末2016年12月31日 14時29分

根雪になるかと思われた雪も、その後の雨できれいサッパリ融けてしまいました。
12月の後半はなんやかやと忙しくて、除雪作業は無かったのに雑穀の脱穀作業はあんまり進みませんでした。

クリスマスイブは数年ぶりに友人家族とパーティ。コテージに宿泊しました。
『まむろ川温泉 梅里苑』のコテージ。
もちろん温泉にも入りました。今年の締めの温泉ですね。
さすがに幼児が5人もいると、ゆっくりお酒も飲めません。バタバタとせわしない一日でした。
翌朝家に帰ると部屋にサンタさんからプレゼントが。
子供たちは昨夜プレゼントをもらえなかったので、ちょっとガッカリ気味だったため、予想以上に喜んでいました。

25日はオクサンの従弟の出演する演劇、キッズシアターSの舞台『銀河鉄道の夜 クリスマスver』を家族で観劇。
小中学生による一時間ほどの舞台でしたが、なかなかよかったですよ。ちょっとウルッときてしまいました。

そして年も押し迫ってきてから味噌の仕込み。
この冬は二樽仕込むつもりのなで、とりあえず年内に一樽。
いつもは大鍋二つを使って大豆を二回煮るのですが、台所のコンロを占領してしまうし、思い切って寸胴鍋を買ってしまいました。
一応主婦に気を遣ってコンロを占領しないようにと買ったのですが、オクサンに呆れられてしまいました。
これ一つで二回煮たのですが、鍋の大きさ的に、なんとか一回で済ませられそうです。
そうすると、麹と混ぜるためのタライも、もっと大きいのを買わなくちゃならないな。
また呆れられるかな。
保育所が休みに入っているため、ムスメらと共に仕込む羽目に。バタバタの味噌造りでした。

はてさて、すっかり融けてしまった雪ですが、そろそろ年越しといった頃になってまた降り出し、再び一面真っ白になりました。
しかし雨の予報もあるし、雪の少ないお正月なるのではないでしょうか。

今年最後の温泉は

二段ベッドに大はしゃぎ

寸胴買ってしまった。

親子で味噌造り、疲れた・・・

クリスマスの小さな奇跡?2016年12月23日 14時24分

先日オクサンが「トーチャンが好きそうだから」と、レンタルビデオ屋から子供らのDVDと一緒に『サンタが街にやってくる』というDVDを借りてきました。ずいぶんレトロな感じの人形アニメです。
内容はというと、サンタクロースの出生からおもちゃを配るようになった訳など、サンタについてのなぜ?を物語にしたものです。
郵便配達員が世界中からサンタ宛に届く手紙を運んでいるところから始まります。
この郵便配達員がフレッド・アステアそっくり。
しゃべりは吹き替えだけど歌は元の英語。歌い出したら声までそっくり、というか、あれ?アステアだ!
なんとこの郵便配達員の声とナレーションはフレッド・アステアが担当しているのでした。
オクサン、私がアステアファンだということは、なんとなく知っていたけれど、このDVDはアステアが出ているとは知らず借りてきていたのでした。
まさにクリスマスの奇跡。
物語の最後にアステアの歌う『サンタが待ちにやってくる』。感涙物でした。

ちなみにこの作品の姉妹編『ルドルフ 赤鼻のトナカイ』は例の有名なクリスマスソングが生まれた作品で、アメリカでは毎年テレビ放映されるような有名作らしいです。そっちも見てみたいな。

サンタが街にやってくる

語りと歌 フレッド・アステア

そっくり

冬の生活:入り口編2016年12月15日 16時15分

表はすっかり雪景色です。どうやら根雪みたいです。
ヒエ穂、キビ穂の調製作業を終え、黒米・赤米の脱穀作業に入っています。
まだ除雪が必要なほど積もっていないので、仕事はちょっとのんびりです。
子供らを連れてどこか遊びでも行きたいところですが、毎年冬の恒例、ムスメ達が保育所から風邪をもらってきて、一人ずつ順番に風邪を引き、お出かけどころではありませんでした。
最後にジーチャンが引いて、ようやく一回りしました。
あと、今年は風邪もういいです。

忙しけれどもなんとか年内に味噌を一樽仕込む予定です。
毎年夏冬一樽ずつ仕込んでいたのですが、子供らが大きくなっていっぱい食べるせいか?ちょっと足りなくなってきたので、この冬は二樽仕込もうと思っています。

モチキビの脱穀

こちらは赤米

冬らしくなりました。

久々のココナツ・バンク2016年12月05日 14時10分


『THE COMPLETE COCONUT BANK』

やっとゲットしました。ココナツ・バンクの新譜『THE COMPLETE COCONUT BANK』。
一ヶ月も前に楽天ブックスで予約したのに、発売日を過ぎても『発送未定』のまま。
なんだこりゃ?と、Amazonのサイトを覗いてみたら発送『1~2ヶ月以内』だって、まさか、爆発的に売れている?わけないか。
楽天さん、仕入れていないのだろうが、せめて予約分くらいは確保出来なかったのだろうか。
結局注文キャンセルして、『在庫あり』だったHMVに注文して無事ゲット。

2003年のミニアルバム『ココナツ・バンク』6曲に新録の7曲を加えた初のフルアルバム。
半分は以前の曲か。新録も70年代のセルフカバー有りで、純粋な新曲はほんの数曲か・・・。なんて思って聴いてみると、これがすんごくよかったのだ。
ちょっと泥臭いラテンな乗りの70年代風ウキウキバンドサウンド。かっちょよいです。
新録の『日射病』、たまらんです。
いまみちともたか参加の『流星ラプソディ』がとくクールでにかっちょよいのです。
前作に入っていた曲たちもあらためて聴いてみるとなぜか新鮮。
なんといっても詩がよい。
銀次さんの詩が大好きなのです。言葉のチョイスとか。
ユカリさんのドラムのリズムに乗って、思わず体がウキウキ動き出すのです。
すんごく楽しいアルバムなのです。

冬がやってくる。2016年11月24日 21時16分

雪が舞い始めました。
冬がやって来ます。
毎日暗い空から冷たい雨が降って寒い寒いと思っていましたが、雪が降り始めると一段と寒さが増します。

屋外の仕事はほぼ終わりました。
外に出している物は全部屋内に片付けました。雪が積もる前のがらんとした風景は寂しいですね。
畑にまだねずみ大根が植わっていますが、根雪になる前に掘り出せばいいかなって感じです。
ニンジンの方は全部掘り出しました。
ほんとは土の中に埋めて保存してみようかとも思ったのですが、野ネズミの餌になるだけなので、やめました。

晩生の大納言小豆はこの寒さでさすがに登熟がもう進まないだろうってことで、全部抜いて、ハウスの中で乾燥・追熟させています。

冬を迎える準備は万端整ったってことで、これからの作業は黒米・赤米の脱穀、そして雑穀の脱穀調製作業、豆の選別作業と、もっぱら屋内作業です。
後はどれだけ雪が降るかで、除雪作業に追われるか、のんびり農作業で冬を越せるかが変わってきます。
もう一年くらい雪の少ない冬であってもいいなあ。

コンバインを洗って収納

大豆の脱穀作業

ニンジン全部抜きました。

雪をかぶったねずみ大根

冷たい11月2016年11月06日 20時38分

田んぼの作業が終わると、あれだけ賑やかだった日常がウソのように静まりかえります。
聞こえるのは風が木の葉を揺らす音と、冷たく降る雨の音ぐらい。そして時折冬支度前のトラクターなんかが農道をノロノロ通っていく音ぐらいです。

11月に入ったら風の冷たさが違いますね。身を切るような冷たい冬の風です。
秋の収穫の大きなところはだいたい終わって、後は大納言小豆と秘伝豆を残すのみです。
大納言はいつも稲刈りと収穫の時期がかぶるので、今年は晩生の品種を植えてみました。が、遅い・・・。冬の風が吹き始めてもまだ実の半分くらいは青いまま。雪が降る前に完熟するか難しいところです。

秘伝豆は・・・久しぶりに畑に行ってみたら、なんと実が生っていない。なんで?枝豆として収穫していたときはそこそこ実が付いていたのに・・・。
もしかしてタヌキか何かに食べられてしまった?

野菜畑の方は大根、ニンジンがちょうど出荷時期、コールラビも出荷中ですが、寒くなってきて育ちが悪くなってきました。

先日初霜が降りて、空心菜は全部とろけて枯れてしまいました。
ラッキョウ、ニンニク、冬を越す野菜は今のところ順調。玉ねぎは今年ほぼ全滅に近かったので植えませんでした。何か雪対策を考えないとダメですね。
枯れた夏野菜の後始末もしなければなりません。
それから大豆の脱穀作業。

11月は冷たい雨の日が多く、気分まで沈んできますが、雪が降る前にやらなければならないことがいっぱいです。
週間天気予報にはとうとう雪マークが。沈んでいるヒマ無いですね。

大豆収穫完了

秘伝・・・豆がない!

まだ青い大納言

初霜